Profile

村山千可子/Chicaco   画家/アーティスト   

幼い頃から絵を描いたり物作りが好きで、6歳から国立市の造形教室に通い始める。


14歳の時にフォトコンテストで学生賞を受賞したのをきっかけに写真を始め、カメラマンを目指す。

JCNマイテレビ(J:COM多摩)で撮影にカメラマンとして参加したりと、写真映像活動をし、日本大学芸術学部写真学科に入学。

やはり絵を描くことがしたい、という思いから日本大学を中退した1年後、女子美術大学短期大学部造形学科美術コースへ入学。

 油絵、日本画、銅版画、イラストレーション、テンペラ画、フレスコ画、リトグラフ(版画)など様々なアートを学ぶ。


2018年3月にTBSの赤坂サカスのイベント「ママサカス2018」にて砂絵ワークショップを開催。 

ワークショップをきっかけに砂絵を始め、女子美術大学短期大学部造形学科を卒業後も同校専攻科へ進学し、2020年3月に卒業する。

現在は砂絵作品をはじめとした作品展示や作品の提供、販売、砂絵ワークショップ講師、として活動したり、姉でラジオDJの里可子の調布FMラジオ番組「ButterflyStar」内のアートコーナーでアートについて語ったり、「ButterflyStar」の企画・宣伝広報も行っている。



砂絵をメインに作品制作中

砂絵作品制作

絵画作品制作

写真撮影

小田急線公式レポーターとして記事を書く

ラジオ出演(毎週火曜日 詳しくはSNSページへ)

ワークショップ講師


作詞する

イラストを描く

ファッションイラスト書く

【経歴】

2020年 女子美術大学短期大学部専攻科美術コース 卒業
2019年 女子美術大学短期大学部造形学科美術コース 卒業
2016年 日本大学芸術学部写真学科 中退 
2003年 アトリエ教室に通い出す